オックスファム・トレイルウォーカー

こんばんは。

休みの日は暇に耐えかねると天気と相談だがだいたい山歩きかランニングしてるというおっさんなわけですが今日は午前中約14キロのランニングをしてそれでももの足りずやはり山へ向かったのでございます。

遠出をしなくとも車で20~30分のところにいくらでも歩きごたえのある山々があるこの土地は今の自分にとっては本当にパラダイスなわけで自然に抱かれるということがこんなに素晴らしいことだなんて二十歳の頃は思いもしなかった。

今日は天気と相談するも山は強風でまるで滝のような音がザザーっと木々の葉をなめまわし、葉が全部裏返って見えるその状況はたまに通りかかる雨粒が自分の顔面を強く叩くほどでした。

山道のいたるところに オックスファム・トレイルウォーカーと書かれたテープや札が貼られていました。なんのこっちゃと気にもせず歩いていると向こうからやたら背の高い集団が歩いてきました。近付くにつれて異国の方々と知り外人コンプレックスの自分は驚いてしまいました。こんな山道で人とすれ違うのだから挨拶くらいはせねばと気取ってハローと言おうとしたら先に外人さんに「コニチハ♪」と言われてしまいました。 まさかこんなところで日本人にも滅多に会わないのに外人さんとは、、、

あとから調べてみたら今日はこんな感じのイベントあったのですね?(下記参照)




※※※2017年のオックスファム・トレイルウォーカー東北は、昨年のコースを大枠で踏襲し、100kmと50kmの2コースで開催いたします。スタートは福島県二本松市の岳温泉。24時間以内に磐梯熱海温泉まで到達する50kmのトレイル・コースと、そこから岳温泉まで48時間以内に戻る総距離100kmのトレイル・コースです。

開催日は、2017年6月3日(土)〜5日(月)となります。※※※




さらに山道を歩いているとだれも採らないワラビやタラの芽それにウドなんかも食べ頃をとっくに過ぎて葉を濃い緑色に変化させておりました。
それでも山は魅力的でまだ地面の中で鳴いてるヒキガエルやイモリの湧く水溜まりや口笛を吹くと振り向いてくれるイノシシとかそこかしこ非日常がありふれてることに気づかされる。
熊は怖い怖いと言うけれどこれだけ山歩きしても一度も遭遇しないし恐らくは遭遇してもほとんどは逃げてくのだろうと察する。それならばランニングしてるとき後ろから自分すれすれに走ってくる車の方が何倍も怖いわけで一度のランニングでそんな車は数え切れないくらい遭遇する。


寒い、今日はなんだか寒いです。







2017年06月03日18:26 │Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。