ミュウとのお別れ。

(画像は元気な頃のミュウ)


こんばんは。


わたくし事でご報告する事でもないと思うのですが。


今朝7時50分頃、飼い猫のミュウが亡くなりました。17才でした。


ここから先はミュウの最後を綴りますので無理しては読まないようにお願いします。





老猫のミュウはここ最近極端に元気を無くしてました。


先週の9日か10日くらいに寒波が入った辺りからです。


そのまえから日に日に体力が弱まっていましたが10日を境目に一切食べる事が無くなりました。


その頃、近所で葬式ができて自分も班長の立場故に気付いていながら忙しくそんなミュウの世話もおろそかになっていました。


やっと病院へ行くもどこも悪く無く歳のせいとのこと。
老衰を意味していました。


寝たきりになったらもって一週間。


そしてちょうど一週間目の今日の朝にミュウは旅立ちました。



餌を口にしなくなってた14日の日はまだ時折こたつから這い出して来てはたたずんでいました。


いつもの水飲み場をじっと見つめて私に水をねだりますが、そこまで運んでやってやっと水を飲み始めます。 しかし既に胃は受け付けないのか飲み過ぎると吐いてしまいました。

その日に私が風呂に入っているといつものように私についてきたんだと思います。ふらふらする身体で風呂まで来て水をねだりました。



15日になるとこたつの中で移動するのもやっとでした。水も自分では飲めなくなってました。スポイトで飲ませようとしても嫌がり飲ませる事が出来ませんでした。無理に飲ませようとしたらか細い声で鳴きました。いつぶりに聞いたミュウの声だろうか?


ミュウの声を聞いたのは後先これが最後となりました。


16日になるとほとんど起き上がれず、それでも時々は頭を上げて何かを訴えているようでした。先日までミュウが私に意志表示してたのは水!

だからまた嫌がるけどスポイトで水を与えました。少し顔を背けますが抵抗する力も無かったと思います。


長い牙の後ろに隙間があるのでそこからスポイトで一滴二滴と垂らすと舌をぴちゃぴちゃとした後にゴックンと飲み干しました。これも飲ませ過ぎるとやはり吐いてしまう、なので時間をかけてゆっくりと飲ませました。


身体を完全に私に委ねたミュウの重みと温もりと匂いがどこと無くこれから訪れる別れが絵空事のように感じました。


ミュウは確かにここにいるんです。息をし呼べば尻尾を振りました。



17日の今日の朝。こたつの中のミュウは夕べから一切動いた形跡はなく、ただ呼吸だけを静かに繰り返しています。


朝の6時30分頃に抱き上げて私の胸の中で寝かせていました。

カラカラに渇いた口があまりに不憫だったので時間をかけてゆっくりスポイトで水を与えました。もう瞳孔も開き手足も硬直させていましたが水を垂らすとまた舌をぴちゃぴちゃとしゴックンと飲むんです。

優しい表情で私を見てるようでもしかしたらまた元気になるのかな?との思いで水を与え過ぎました。


7時50分頃ミュウは激しく身体をのけ反らせ私の胸に嘔吐し、その後数回身体を痙攣させて静かに息をひきとりました。

最後は眠るように深く呼吸をしてました。


いままで見たことがないくらい安らかな寝顔です。



この一週間、私はミュウとこたつで寝てました。夜中でも水を求められれば与えてあげた。


仕事で仕方なく離れる時も一時とてミュウの事が頭から離れない!会社を抜け出して自宅に戻ってまた水を与える。



でも心のどっかで早く!早く!楽になってほしいと願う気持ちも。


よかった事はミュウを看とれたこと。


最後の最後で苦しめてしまった事はこの後も後悔すると思います。


日曜日にミュウの葬儀をします。


居るはずのないミュウの姿をまだ部屋の片隅に追ってしまいます。


17年の長い月日を共に過ごしたミュウとの別れは本当に辛い。


気持ちが押し潰されてます。


何もする気がしません。気力がわきません。


涙もかれました。



でもまたいつもの自分に戻れるように努力いたします。


これまでblogを通じてミュウを見てくださった方々様!



ありがとうございました。







2012年02月17日21:56 │Comments(16)
この記事へのコメント
ときどきブログで顔を見せてくれる
ミュウちゃんのファンでした。

ミュウちゃんとの
この一週間が
とんぼさんにとって
辛くも大切な時間だったことでしょう。。

ミュウちゃん 安らかに。

そして とんぼさんの悲しみも伝わってきます。
こちらもらい泣きです。
どうぞ少しづつでも 元気を出されますように。
ゆっくり、ゆっくり。

(=^・^=)ミュウちゃんありがとう!
Posted by olive at 2012年02月17日 23:01
はじめて書き込みしますが、泣きました。
出会いがあれば、いつか別れはくるんでしょうけれど…
家族がいなくなるという事はとても悲しいですね…。

ミュウちゃんにとってもとんぼさんと居た時間はとても幸せな時間だったと思います。
ゆっくりお休みになれますように。
Posted by neko.neko. at 2012年02月17日 23:21
ミュウちゃん
長い間お疲れ様でした。
天国のお花畑で楽く遊んでね。

とんぼさんに抱かれて
幸せに旅立ったのでしょう。
Posted by ペパーミントペパーミント at 2012年02月18日 02:23
本当に生き物の一生は儚い。
でも、人間だって宇宙からすればチリに等しい位。
まして、昨年は震災でその寿命さえも全う出来なかった大勢の人達がいた。
最後まで一緒にいられた事、幸せだったんじゃないのかな。
『たられば』はないよ。
それが運命だからね。後悔はしなくて良いと言っても難しいとはおもうけど。。。
静かに逝けるとい良いね。17年間の思い出と共に。
Posted by れいこ部長 at 2012年02月18日 10:06
とんぼさんの中で眠れたこと、ミュウは幸せだったね。
動物ボランティアで、飼い主から離れてしまったり、飼い主に捨てられたりした動物たちを見てます。
人間と同じく喜怒哀楽があって・・・、やっぱりミュウは幸せだったよ。
うちのワンコも15年・・・いなくなることは全く想像できないけど、いつかは来るんだろうな・・。
きっと、天国で笑ってくれてるよ。
Posted by ザベスザベス at 2012年02月18日 12:59
いつも素敵な表情のミュウちゃんが好きでした^^
ミュウちゃんは、とんぼお兄さんにとても感謝してると思います^^
たくさんの幸せをありがとうって^^

天国で、feerieのぐりとぐらと仲良くしてね、ミュウちゃん^^

ミュウちゃんはお星さまになって、とんぼお兄さんを見守ってくれてますよ☆

ミュウちゃんのためにも、元気になって下さいね^^
いつまでも悲しい顔してると、悪いことしたかなってミュウちゃん心配しちゃいますよ^^
Posted by feeriefeerie at 2012年02月18日 18:44
はじめまして。
この度はミュウちゃんのご冥福心よりお祈り申し上げます。

私も今まで2度猫を飼っておりましたが、2匹とも一緒に一生を過ごしてあげることなく突然私の目の前より遠く星の彼方へ旅立ってしまいました。
17年という間とんぼさんと一緒に過ごせた事、そして最期をとんぼさんのそばでむかえられた事、すごく羨ましく思います。

いずれくるとは分かる別れですが、ミュウちゃんのお別れも自分の猫のように涙しています。

ミュウちゃんもお星さまとなりとんぼさんを見守っていてくれることと思います。

ミュウちゃん ゆっくり休んでください☆
Posted by いーたん at 2012年02月18日 20:39
初めての書き込みで失礼します。
つらいお気持ちよく分かります。私も数年前16年連れ添った犬をみとりました。その当時の事 重ね合わせて思い出してしまい つい涙が出てしまいました。
とんぼさん 頑張って下さいね。しばらくは辛い日が続くかもしれませんが少しづつ立ち直れますから。
最期 みとることが出来て良かったですね。
Posted by テリー at 2012年02月19日 10:34
★oliveさんへ


コメントありがとうございました。お返事が遅くなってすみませんでした。


思い返せばミュウとのあの一週間!とくに最後の三日間は本当に辛い出来事でした。消えかかる命とどうにも出来ない悔しさ。微かに見せる表情が何を訴えているのか?と。

とにかく安らかに眠ってほしいです。


ありがとうございました。
Posted by とんぼ at 2012年03月17日 19:12
★neko.さんへ


はじめまして。コメントありがとうございました。そしてお返事が遅くなりすみませんでした。


ミュウを飼いはじめたころから当然別れは考えていました。
やがてミュウが年を取り、出来る事が出来なくなってよりいっそう別れを予感させられました。でもいざ本当に別れがきてもなかなか受け入れられない自分がいます。17年ってそのくらい長い時間だったんですね。

今はただ安らかに眠ってと願うばかりです。


ありがとうございました。
Posted by とんぼ at 2012年03月17日 19:12
★ペパーミントさんへ


コメントありがとうございました。やっとお返事を書く勇気が出て来たので。遅くなって本当にすみませんでした。


ミュウは生前あまり外を好みませんでした。でも外は魅力的なものにあふれています。部屋の中だけでは楽しめなかったことを今は天国で楽しんでくれていれば嬉しいです。

死を看とるという事は本当に覚悟が必要な事だったんですね。


ありがとうございました。
Posted by とんぼ at 2012年03月17日 19:13
★れいこ部長さんへ

コメントありがとうございました。お返事がなかなか書けなくて今頃になったこと!本当にすみませんでした。


あの震災でたくさんの命が失われました。だからたかが猫一匹でと思う事が出来ればどんなに楽なことか!
ミュウは自分にとって家族とも言える特別な存在!

でも最初から自分より遥かに早く逝ってしまう存在でもあったのに。


17年!たくさんミュウと遊んだし何回名前を呼んだだろうか?それでもまだ足りないんです。今も遊びたいし、ミュウの骨に向かって名前を呼んでます。


ありがとうございました。
Posted by とんぼ at 2012年03月17日 19:13
★ザベスさんへ


コメントありがとうございました。お返事遅くなって本当にごめんなさい。


動物ボランティアでは人間のエゴで犠牲になった犬や猫たちの姿を目の当たりにしましたね。とても辛かったし怒りすら込み上げました。でも一歩間違えれば自分だってそんな人間と大差変わりない事にも気がつきました。

でも人に飼われ人の愛情無しでは生きれなくなった動物たちにはやっぱり愛情を注いでやらないといけないよね?


今生きてる命のためにがんばりましょう。

ありがとうございました。
Posted by とんぼ at 2012年03月17日 19:14
★feerieさんへ


コメントありがとうございました。こんなにお返事が遅くなって本当にごめんなさいね。


優しいfeerieちゃんのこのコメントは本当に涙が溢れて大変でした。でも救われたんですよ自分は。
feerieちゃんもぐりちゃんとぐらちゃんを失ったんだもんね。悲しいよね。

でも頑張ってるように感じるよ。


だから自分もがんばるから!


ありがとうございました。
Posted by とんぼ at 2012年03月17日 19:14
★いーたんさんへ


はじめまして。コメントありがとうございました。自分の気持ちの弱さからお返事が遅くなった事!本当にごめんなさい。

いーたんさんは二匹の猫と悲しい別れをしたんですね。心中お察しいたします。

自分は今回ミュウの最後を看とる事で消えていく命の尊さをこれでもか!ってくらいおもいしらされてしまいました。


看とることが本当に良かったのか今はまだわかりません。

でも一つ言えるのは看とるとは覚悟が必要だということですね。


もう少し時間が経って大切な思い出になりますように。


ありがとうございました。
Posted by とんぼ at 2012年03月17日 19:15
★テリーさんへ


はじめまして。コメントありがとうございました。この記事を自分で開くのもためらう状態でこんなにお返事が遅くなりました。本当にすみません。


私がこの日記を書いたことによって同じ経験をされた方々にまた辛い記憶をよみがえらせてしまってるんですね。ごめんなさい。


あれから一ヶ月!テリーさんが言うように少しづつですが気持ちも落ち着いてきました。


でもまだ本当に辛いです。ミュウが辛そうにしてる姿が頭に焼き付いて離れないんです。


時間が解決してくれますよね?


ありがとうございました。
Posted by とんぼ at 2012年03月17日 19:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。