タニシがマリモに!?

こんばんは。

水槽ネタです。

室内水槽で飼っていたタニシ2匹は残念ながら半月ほど前に死んでいるのに気がつきました。取り出して自分が確認したときには既に中身は消えてしまってました。
多分エビが全部食べてしまったようです。


水質に敏感なミナミヌマエビが元気だと言うことは単純に汚れが原因でなくてタニシには向かない水質になってたんだとおもいます。

タニシの稚貝は元気なのでこの水質環境で生まれたからかまだ小さいから酸性の水質で殻が溶かされるよりはやく貝殻を形成できてるかなど自分なりに理由を当てはめてます。


それはとりあえず置いといて、、、


その死んだタニシがもともと背負っていた藻がライトを設置してから光合成出来るからかだいぶ青々と成長してるんです。

見た目は完全にマリモです(笑)

タニシの貝殻を親床にして濃い緑色で水槽の中を際立ててくれてます。


これ、かなり良いものだと思うんですけど。

しかも貝殻の中には稚エビも住み着いてます(笑)


それにしてもこういう生態系みたいなものって普通なら水質悪化の要因であるタニシの死骸であっても無駄にならなかった。

生物って偉大だなぁ~関心するなぁって漠然とした感想ですけど。



自分が飼ってるタニシは全部で40~50匹いますがそのほとんどが藻を背負っているので、あのおめでたい藻を背負った「 蓑亀 」ならぬ「 蓑田螺」として 売り出そうかな?(笑)
画像検索してもうちのタニシほど見事な藻を背負ったタニシ無いですよ(笑)