メダカの不思議?

こんばんは。

メダカの飼育!楽しいですねぇ~(笑)


夏に親水槽(母屋)のメダカが数匹死んでしまいとっても残念な気持ちになりました。
狭い水槽で若干過密気味に飼ってたからストレスなのだろうか?

ところが前回の性転換に引き続きまたおもしろい現象があらわれました!!

なんとオスとメス各一匹づつが巨大化したんです(笑)

今のところ他のメダカより約1,25倍大きいんです。

メダカというか生物ってホントに不思議ですね(^_^ゞ



それとメダカの稚魚の方も順調です。わちゃわちゃと産まれたわりにはあまり死んでいません。それでも死んでしまった稚魚はなんとも歯に詰まったスルメほどもなくて指先ですくって水道に流して終わりです(ー_ー;)

死んでしまう原因を水質の悪化とにらんだ自分は改善に取り組みました。
これまでは稚魚の水槽のエアーは酸素を出すタブレットを入れていました。1ヶ月も持つので安心してましたが水はろ過されないので食べ残した餌が沈殿し底に溜まります。

そこでエアレーション?(エアポンプとろ過システム)を投入しました。ところが小型のポンプでもエアーが強すぎてまるで鍋で煮込まれてる魚みたいになってしまいました。
これでは餌も食べれないし休めないから多分直ぐに全滅します。

もしかしたら市販品はあるのかもしれないけど自作でレギュレーターを作りました。
仕事柄買いにく時間より早く作れます(^-^)v

この自作レギュレーターは圧力を細かく微調整できます。せき止めた分をリリースしてるわけではないのでポンプ本体への負担は知りませんがとりあえず1日中動かしてても熱がこもるとかなかったです。

圧力を稚魚の水槽に合わせると水槽に沈めてあるろ過器がほとんど機能していないことが感じられました。



なので次回は低圧力で効果を発揮できる自作ろ過器を作りましょう(*´∀`)